FC2ブログ

被曝防止

気まぐれJDMの毒にも薬にもならない無駄話

二階堂ドットコムより転載。


放射能被爆を防止するために!

原発自衛隊員、警察消防東電職員は死ぬかもしれないという覚悟で作業を続けておられ、地震後の救助・復興でも自衛隊員、警察消防の方々には感謝いたします。

 仙台や東京を含む関東では交通網が遮断されていることとパニックを避ける意味で、移動は困難と思われます。建物の中に避難し、1週間ほど籠る準備をした方がよいかもしれません。まだ、線量はそれほど高くないですが、今後の変化によってはヨウ素剤を飲んで食事と水を溜めて籠城となるかもしれません。政府は何もできていないので是非地方自治体で対処法の宣伝、ヨウ素剤の配布をしていただければよいのですが・・・。


ヨウ素剤について
http://www.geocities.co.jp/wallstreet/1795/datugenpatu/991226yousozai.html
http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/interna_heal_j/isotope.html


あとは籠城する際のマニュアルをきちんと出してほしいですね。とりあえず考えられることを下に記載しました。

1.水を風呂桶、ペットボトル、瓶などに詰めて最低1週間分用意してください。

2.水が汚染されてもいいように、炭を用意しておいてください。それをコーヒーフィルター(無い場合はティッシュや布で濾し器を作る)あるいはクリタの様な浄水器です。これを用いて飲用に使用ください。

3.食料を確保してください。缶詰、インスタントなどで、最低1週間分。できれば水も食料も3週間ぶんくらいですが、もう周囲にはないかもしれません。米などを炊いておき、小分けして冷凍保存しておいた方がよいかもしれません。

4.目張り・・・窓や玄関、家の隙間を塞ぎます。できれば外側からもテープで隙間を覆うようにしてください。テープが手に入らない場合は、タオルや布を水で濡らし、隙間を覆うようにしてください。

5.マスク…できるだけ性能がよい防塵マスクを用意ください。屋外に出なければいけない場合に必要となるかもしれません。もう手に入らない場合は、花粉除去用のマスクを隙間ができないようにメンディングテープなどで顔に付け、二重にして用いてください。

6.ゴーグル・・・目の周囲を守るためです。これも隙間が無いようにして用います。

7.パーマで髪を覆う袋のようなもの・・髪の毛につかないように使用します。

8.手袋・・・使い捨てのビニール製のもので結構ですが、これも手に隙間ができないように張り付け(レインコートなどを着たうえで)、利用します。

9.レインコート・・・服の上に来てください。隙間ができないようにテープで留めてください。防護服の代わりになります。

10.レインコートの下にできれば上下のスーツ(?)。撥水性のサウナスーツのようなものです。

11.長くつ・・・はいたうえで隙間をテープで留めてください。

5から11は放射能が屋外にあり、自宅待機といわれている際にどうしても外出(脱出)しなければいけない状況で使用します。5はこまめに、しかも隙間が無いように使ってください。


マスコミでもちゃんともしもの時の対応を宣伝しておいてほしいですね。
最悪のことを考えて、国民の安全のためにできることをやってもらいたいものです。



知識として知っておかねば。

  ランキングに参加中です。応援クリックしてくれると嬉しいです。
   FC2ブログランキング



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

JDM

Author:JDM
性別:♂
生息地:広島県
誕生日:10月12日
趣味:読書・ボウリング・ドライブ
リンクはフリーです。
相互リンクもお気軽にどうぞ。






この人とブロともになる



STORE-MIX













Yahoo!ショッピング



更新頻度の低いリンクは予告無く削除することがあります。
このブログをリンクに追加する