FC2ブログ

パラライズ7

気まぐれJDMの毒にも薬にもならない無駄話

今日もお昼から病院へ行ってきました。
処置室に点滴をしてもらいに行ったら人がイッパイで、20分くらい待たされました。
お昼時間も交代でやってるから大変だなぁ。

んで
点滴をガラガラ引きずって高気圧酸素治療へ。
ちょうど手元にプリントがあるので、どんな事をするのか転載してみようw


 高気圧酸素治療とは、酸素吸入をしながら部屋全体の気圧を上げていきます。
 高気圧状態にすると血液に溶け込む酸素濃度を高めることが出来ます。このことにより、内耳の酸素不足の改善が期待できます。
 尚、気圧を変化させることは急激には出来ませんので、加圧に10分かけ、2気圧の高気圧状態で60分(リクライニング式ソファで横になりながら酸素を吸入)、減圧を15分かけて行います。そのため治療時間は全体で1時間半ほどかかります。
 また加圧の10分間ですが、内耳に気圧がかかりますので、耳抜きといって内耳の圧力調整を行っていきます。これがうまくいかない滲出性中耳炎を起こしてしまいます。
 このような場合には、鼓膜に麻酔を施し、針で穴を開けて、チューブを入れることがあります。

<耳抜きの方法>
1.治療が始まって耳がふさがった様な感じがしたら、唾を飲み込む動作を何回も繰り返してください。飴をなめると唾がでやすくなります。
2.あくびをするように大きな口をあける動作を何回も繰り返してください。
3.耳の痛みや、ふさがった感じが良くならない場合は、大きく域を吸って口を閉じ、鼻をつまんで強く力むか、鼻をかむ動作を繰り返してください。



こんな事やってます。
効率良く加圧するためか中はそんなに広くないのですが、それでも6人が同時に治療可能です。
室内の酸素濃度が高いので、マッチ、ライターなど燃えやすいものや、メガネ、指輪など静電気や火花が発生しやすい物は持ち込み禁止。
部屋に入る前は綿の検査着に着替えておきます。
2気圧(水深で言うと10m潜ったくらいの圧力)になるので、故障を防ぐため携帯や時計なども持ち込み禁止です。
写メが撮りたいw

部屋に入ってからはリクライニングソファーに座って、酸素マスクを着けた後はボーっと過ごすのみです。
加圧中は少々室内が暑くなりますけど、そこからは快適です。
ゴンゴンうるさいし部屋も明るいので昼寝するにはちょっと厳しいかもしれませんけどw

今日は点滴の開始が遅かったんで、部屋から出た後も点滴が終わるのをイスに座って待ってたんですが、そこでちょっとした出来事が。
次の治療を受ける人が2人いたんですが、開始5分もしない内に1人リタイヤして出てきました。
どうも耳抜きが上手く出来かったようで、初めての人だと10人に1人くらいはいるそーな。
0.3気圧で退室したようですが、かなり痛かったみたいです。
俺、耳抜き上手くて助かったよw

点滴が終わったら治療終了。
もし点滴が別工程で2時間だったら軽く死ねるw
明日も頑張って行くぞ。

  ランキングに参加中です。応援クリックしてくれると嬉しいです。
   FC2ブログランキング



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

«  | HOME |  »

JDM

Author:JDM
性別:♂
生息地:広島県
誕生日:10月12日
趣味:読書・ボウリング・ドライブ
リンクはフリーです。
相互リンクもお気軽にどうぞ。






この人とブロともになる



STORE-MIX













Yahoo!ショッピング



更新頻度の低いリンクは予告無く削除することがあります。
このブログをリンクに追加する