FC2ブログ

寝すぎ

ちょっと遅めの朝食を済ませ、少し横になったんですが気が付くと笑点が始まってました。
あきらかに寝すぎです。
また休日をムダに過ごしてしまった・・・

そんな感じでネットで見つけた話でも。


刑務所から帰ってくる

建築関係の仕事をしてるご主人が「今日は刑務所の修繕に行って来るよ」と出かけた日の夕方、奥さんと幼稚園児の娘がバスに乗っている時に、いきなり娘が
「パパ、今日早く刑務所から帰って来るといいね」と無邪気に一言。

微妙に凍りついたバスの中の雰囲気に、説明をするのも難しく、奥さんは一人冷や汗をかいた。



そりゃ誤解するわw



台湾気分満喫だよね、とか言って姉ちゃんは晩飯の支度を始めた

親父が病死したんで、2つ違いの姉ちゃんが大学辞めて就職、俺が高校通ってた頃
たまたまTVでやってた秋の旅行番組見て、姉ちゃんが台湾に行きたいなと言い出した。

きちっとパンプス履いて立ってなきゃいけないので、姉ちゃんの仕事は足が疲れる。
それであの足裏マッサージやってみたい、となったようだ。

姉ちゃんと母のパートの稼ぎだけでちょっと貧乏だったから旅行なんかできないんで
○○(俺の名前)あれちょっとやってみてよ、と来た。

恥ずかしかったが、喰わせてもらってる俺としては断れませんよ。

まず出がらしのお茶を洗面器に大量に作った。
それに素足を浸させて洗うわけだが、足があったまるとそれだけで気持ちいいらしく
顔がほああーと赤くなってきた。
この時点ですでに姉ちゃんは極楽顔だ。
バスタオルで拭いて、横に雑誌を積んで作った台に足を乗せさせて
あったまってるうちにと、見よう見まねでゴリゴリマッサージしてみた。
多分ツボとか全然はずれてたと思うんだが、疲れ足にはそれなりに効いたようで
「はぁ~」とか声出して(俺少し興奮してました姉ちゃんごめんw)気持ちよさそうだった。
「○○上手じゃん、台湾気分満喫だよね」とか言って姉ちゃんは晩飯の支度を始めた。
その日の晩飯はちょっと豪華で、姉ちゃんはいつもより少し朗らかだった。

こんなちっぽけなことで喜んでくれる姉ちゃんが可愛いというか可哀想というか
複雑な気分だったのを覚えている。
俺は姉ちゃんの給料で大学まで行かせてもらい、なんとか就職もできた
姉ちゃんはそれを見届けるようにして、結婚して家を出た。

俺は最初のボーナスから、姉夫婦に台湾旅行をプレゼントした。
「本場の足裏マッサージ体験してきたけど、いつだったか○○にやってもらったのが
気持ちよかったな~」と姉ちゃんが言ったので
姉ちゃんも、俺ら家族のつらい時期のあの一コマを覚えていてくれたのが分かった。

ちょっと泣きそうになった。



いい姉弟だな。



「ありがとう」が涙声になった

ベランダで洗濯物を干していたら、部屋の中から息子(5歳)が
私を大声で何度も呼んでいる。

窓を閉めていたのでかすかに聞こえる程度(息子の姿は見えている)
「もーうるさいなぁー、もうすぐ終わるからさー」
と思って無視していた。

あまりに何度も呼ぶから、何かあったのか心配になって窓を開けて
「はぁい。どうしたの?何かあったの?」
と聞くと息子が 満面の笑顔で
「ママ、いつもいつもお洗濯干しがんばってくれてありがとう」
と言ってくれた。

「ありがとう」が涙声になった。
明日も頑張って干すからね。



いい子だなぁ。
「子供は親の作品です」とはよく言ったもんだ。
このお母さんもいい人なんだろう(希望的観測)
  ランキングに参加中です。応援クリックしてくれると嬉しいです。
   FC2ブログランキング



 | HOME | 

JDM

Author:JDM
性別:♂
生息地:広島県
誕生日:10月12日
趣味:読書・ボウリング・ドライブ
リンクはフリーです。
相互リンクもお気軽にどうぞ。






この人とブロともになる



STORE-MIX













Yahoo!ショッピング



更新頻度の低いリンクは予告無く削除することがあります。
このブログをリンクに追加する