FC2ブログ

やはり人災

二階堂ドットコムより転載。


■ 首相官邸、都合の悪い「菅視察」の空白を消すのに必死
以下、例によってうちのSNSより。


アメリカに統治されても、それはもうしょうがないと思います。視察で菅が爆発を招いた時点で、即武力で倒閣モノだと思った人も多かったと思いますが

※13日の自分の日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1688269189&owner_id=35288560

結局それが為されず、1ヶ月も醜態を奴らに晒させた訳ですから・・かと言って隠蔽すれば民主党はますますつけあがるでしょうし、現状ではアメリカのゆすりを招いたこともネタとして倒閣の声を高めていくしかないように思われます。当時の日記でも書いてますが、血が流れるにせよ、流れないにせよクーデターは世論の後押しがない限り短命に終わるというのは歴史が証明してしまってる訳で==;

 てっとり早いのはこれをネタにアメリカがGHQよろしく一時的に日本を進駐支配してしまうことでしょうけど、日本はまだまだ経済的に価値が大きいため、戦後のようにアメリカ一国でまるまる日本の支配権を手にできるか難しいところだと思われます。中国・アメリカ・ロシアあたりで分割統治なんてハメになったら最悪ですし。これを防ぐには、アメリカが民主党をテロリストとして、犯罪者として処分し、アメリカの後押しによる自民の暫定政権を樹立させるとかそういう線のがまだ現実的かも知れません。そうすると民主党が中国・朝鮮から献金や支援を受けてたのは明らかですから、少なくとも特亜諸国はテロ政権の後押しをしていたということで支配権の要求を突っぱねることもできる・・かも?


先日は菅のベント開放遅れ疑惑の日記を引用して下さり、ありがとうございます。mixiの方でも似たようなことを書いたところ、こんなコメントがつきました

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1702719483&owner_id=35288560

>これもご参考になればと
>【危機管理室発表資料】
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi...
>(対応付けは多少難しいですが、下記の法令と合わせると大体解けるかと)
> 3p、7p、11p がポイントかと。 < 暗記しちゃった ^^>

>【原子力災害対策特別措置法 】
http://www.bousai.go.jp/jishin/law/002-1.html
> こちらのポイントは第15条です。
> 「原子力緊急事態宣言」がポイントになります。

>スキャンpdfって素晴らしい。 <改竄出来ない /保管すれば

>12日午前3時の記者会見記録(日付と東電からの提案が消えています)
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201103/12_a2.html

> これは流石にやらないだろうと油断しました。

>/ニュースは基本的に信じませんので、これらから13日時点で判断


 で、こちらのコメントを元にして、1号機に関する要所を画像にて抽出し、テキストで時系列で並べてみました

00:30 圧力が設計上の限界を超えてることが発覚
 ↓
03:00 ベント開放しかないと結論
 ↓
03:00 官邸記者会見動画にて現場よりベント解放提案があったと発表
 ↓
04:00 圧力が設計上の限界の2倍に達する
 ↓
05:22 圧力抑制機能喪失(15条報告事象発生)
 ↓
05:40 05:22報告事象に関して官邸へ通報
 ↓
06:00 菅がヘリで官邸出発
 ↓
07:11 菅を乗せたヘリが現地到着
 ↓
07:41 ベントの電磁弁の電源復旧作業が発生
    (圧力でベントの電磁弁の電源系統がイカれた?)
 ↓
xx:xx 菅がヘリで原発の上空視察
 ↓
10:50 菅を乗せたヘリが官邸到着
 ↓
xx:xx (菅がシェルターに引きこもる)
 ↓
14:30 ベント開始
 ↓
15:36 水素爆発


 確かに3時の時点で結論が出ていたのに、実際のベント開始が12時間後とはあまりにも遅すぎますし、3時の時点でベントを開始していれば、7時過ぎの電源トラブルも起きなかった可能性もある訳で・・

 電力板のスレッドでの証言ともぴったり符丁が合いますね。コメント最後の03:00の官邸会見資料にて、現場からの提案が削除されてる件は03:00の現場がベント開放の結論を出した時点ですでに現場から官邸へ連絡されており、現場からベント開放の提案があったと発表した部分だと思われます

※参考
3時の官邸記者会見動画
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4477.html


※今見たら圧力開放について記載がありますが、彼が見た時は削除されていたか、あるいは見落としたかしたのかも知れません。

 ともかくベント開放が必要との結論が出てから実際にベントが始まったのが12時間後。結論が出てから数時間後の首相視察中
ベントの電磁弁の電源系統がイカれるトラブルまで発生したことから、首相が視察などせず、3時の時点で即刻官邸からベント開放の指示を出してれば、爆発が起きなかった可能性は十分にあると思われます



やっぱどう考えても人災だよなぁ。

  ランキングに参加中です。応援クリックしてくれると嬉しいです。
   FC2ブログランキング



圧力変化

二階堂ドットコムより転載。


■ デタラメ(班目)委員長も同罪
<某電力さんより>菅が行くといったときに、そんな時間的余裕はない、やめろ というのが専門家がはっすべき意見。

それを、「水素爆発は日本では起きません」といって、一緒に物見遊山でいったのが、原子力安全委員長。この人も同罪(プロだけにもっともっと罪が重い。死んでも償いきれません)。


1号機の原子炉圧力まだ、上昇をつづけています。

http://atmc.jp/plant/vessel/

 3月24日ころ、1号機の爆発の可能性が示唆されており、その時より原子炉圧力Aはやや低下傾向なのに、原子炉圧力Bは継続的に上昇。反面、温度は低下傾向。

 想像するに、

原子炉圧力A(給水側)

原子炉圧力B(底?)

で、給水しても、燃料の周りについている塩の結晶のために、下まで水が流れていかず、底が空焚きになっているのではないでしょうか?炉底にうまく小さな穴が開いて、圧力が徐々に抜けてくれればいいのですが・・・

 原子炉とすれば、耐圧は、7Mpa程度はあるでしょうが、もう、10kgf/cm2程度の圧力が溜まっているので、どうなってもおかしくない状況だと思えます。

保安院のパラメーターを

http://www.nisa.meti.go.jp/itiran/new_genshi_index.html

注意深く見ていく必要があります(原子炉圧力)



爆発間近といったところでしょうか。

  ランキングに参加中です。応援クリックしてくれると嬉しいです。
   FC2ブログランキング



深刻な被害

J-CIAより。

原発は大変な状況・・・残念ながら福島の浜通りはおしまいです
建屋が吹っ飛んだ3号炉1号炉には使用済燃料貯蔵プールがあることが確定。
水素爆発だから、格納容器が健全だから安全というのは詭弁。
このプールには蓋はなく、建屋内部でむき出しである。水素爆発の爆風をもろに浴びているのに無傷だと考えるのは不自然。
言うまでもなく、使用済み核燃料棒は超高レベルの放射性物質である。

1号炉3号炉建屋内に使用済み核燃料貯蔵プールが存在していることの確実な証拠
                        ↓
断面図
http://www.atom-fukushima.or.jp/qa/qa-169/anther.shtml
 

東京電力自身が公開している福島第一原発におけるプルサーマル移行に伴う変更届(貯蔵プールについても書かれている)
http://www2.jnes.go.jp/atom-lib/online_doc/anzensinsa/fuku1-16/fuku1-16.html
上記ファイルから抜粋

>なお、使用済燃料共用プールについては、1~6号炉の各号炉の使用済燃料プールで19ヶ月以上冷却された使用済燃料が貯蔵され、

「各号炉の使用済燃料プール」とはっきりと書かれている。
なお、1-6号炉が使用する「共用プール」も存在しているが、コレは
使用済み核燃料を「各号炉」の貯蔵プールで19カ月冷却した後に使用済燃料を貯蔵する場所である。

正直、政府発表のMPの値はまったく信用ならないし、20キロの避難指示範囲外も全く安全圏とは思えない。
もし、爆発の瞬間見えた炎が使用済燃料棒の発火だとするなら、超高レベルの放射性物質が微粒子化したということ。
少なくとも50キロ以内にいる人達、とくに風下側の人は、避難したほうがいいと俺は思います。
現在まで政府の発表の殆どが裏切られ続けていますよね?せめて疑いの目を持ってみることも必要では無いですか?
なにしろご自分の生命がかかっているのですから。



どうにもなりませんな。

  ランキングに参加中です。応援クリックしてくれると嬉しいです。
   FC2ブログランキング



 | HOME | 

JDM

Author:JDM
性別:♂
生息地:広島県
誕生日:10月12日
趣味:読書・ボウリング・ドライブ
リンクはフリーです。
相互リンクもお気軽にどうぞ。






この人とブロともになる



STORE-MIX













Yahoo!ショッピング



更新頻度の低いリンクは予告無く削除することがあります。
このブログをリンクに追加する